ホリプロは、「文化をプロモートする人間産業」を社是としていますが、
これは喜怒哀楽といった人間の感情や人情などに関するあらゆるコンテンツを制作するということです。
そのため当社は、タレントマネージメント、ライブ・パフォーマンス、映像、音楽、舞台など、
皆さんが今まで目にしてきた全てのエンターテインメントに関わっていきたいと考えています。

エンターテインメント業界の仕事で重要なのは「いかに魅力的な人に出会えるか、
その人の魅力を引き出せるか、そして多くの人に伝え、心を動かせるか」ということです。
才能の素地があるタレントと出会い、その魅力をうまく引き出してプロモートし、
その魅力は絶対に花開くものだと信じて、それを伝えて心を動かしていく。
相手の心を動かす上で大事なことは、上手く説明することではなく、とにかく情熱を持ってたくさん喋ること。
そうやってチャンスを掴んでいくのです。
これは、コンテンツを制作するプロデューサーもまったく同じことが言えます。
一人の情熱。これが、スターや名作を生み出す大きなきっかけであり、必要不可欠なものでもあります。

喜怒哀楽といった人間の感情に向き合う仕事なので、ホリプロの社員はちゃんと笑えて、ちゃんと泣ける人がたくさんいます。堅苦しいことは考えず、感動したら喜び、泣く、心を動かされることにより考える、感じる、これが最も大事だと思います。

また大切なのは、「いい奴」だなと思われるチャーミングさです。うまくいったときも「いい奴」なら、次も一緒に働きたいと思ってもらえます。うまくいかなかったときも、「いい奴」だから、もう一度頼んでみようと思ってもらえます。ひとりで育ったタレントも、ひとりで作った映画もありません。「いい奴」は、ホリプロの最大の武器です。

ホリプロは、タレントのマネージメントだけではなく、いろいろなことに挑戦してきたから今があります。これからも、人間の喜怒哀楽というあらゆる感情に関わるという軸とチャーミングな集団を武器に、時代に合わせた次なる挑戦をしていきたいと思っています。

日本はこれから人口が減少していきますし、メディアのあり方もガラリと変わってきています。これまで我々のやってきたようなビジネスは通用しなくなると考える方もいるでしょう。

しかし、ホリプロのすべての事業が、時代が変わっても、国境が変わっても、決して失われるのことのない「喜怒哀楽」を軸としている限り、私たちが生み出していくエンターテインメントが、これまでのように日本はもちろん、世界中で愛されるものになる可能性は十分にあるのです。

例えば、ホリプロのオリジナル作品が海外で上演され愛される。さらには、その作品の日本バージョンを観たいと海外からお客様がやってくる。そうなることで、ホリプロにとっても、日本にとってもプラスになる、こんな好循環を形成していきたいんです。これは公演事業の例ですけれども、我々はこれらの実現を目指し、日本のエンターテインメントの可能性を広げていきたいと考えています。

ホリプロに入社をすれば十分な仕事が与えられ、それなりに忙しくも楽しい日々が送れることは確かだと思います。そしてそのとき、何か新しいことを仕掛けるか、日常の業務に追われ何もしないか、これはそれぞれの社員に委ねられている「自由」です。ただ「自由にやれ」と言われてできることは、実は少ない。決められたルールやフレームのない真っ白なキャンパスに何かを描くということは、とてもクリエイティブな作業であり、難しい作業でもあります。

難しいからこそ、面白いんです。これからエンターテインメント業界を志す方々には、すぐに諦めたりしないで、若い皆さんの知恵と冒険心を武器に、どんどんチャレンジしてほしいと思います。エンドロールに名前が載っただけで満足せず、自分の情熱を、仲間の情熱と合わせて、誰かの記憶に残るモノを生み出し、それを喜びとする。そこを目指してほしいですし、それを実現できる環境がホリプロにはあります。

経験や知識は問いません。「こんなモノを作ってみたい」という情熱のある方は、ぜひその思いを聞かせてください。エンターテインメント業界の未来を私たちと一緒に切り拓いていきましょう。

ホリプロについてもっと知る

RECRUIT

募集要項