INTERVIEW


ホリプロの
看板を背負い磨く。
日々の仕事をひたむきに、
タレントとともに未来へ。
マネージメント第二事業部
プロダクション二部
二神 拓也 | 2011年入社
経営学部
PROFILE
これまでの経歴
2011年~ プロダクション二部
2017年~ スポーツ文化部
2019年~ プロダクション二部
今の仕事
タレントのマネージャー
CHAPTER 01
ホリプロの屋台骨を
支えるマネージャー。
アーティストを
最大限輝かせる喜び。
マネージャーって
どんなお仕事ですか?
マネージャーはタレントのケアをしたりスケジュールを管理したりといった側面が注目されがちですよね。でも仕事を取ってくることもマネージャーの役割です。他に営業専門の部署があるわけではなく、僕たちがタレントを売り込みます。そもそもタレントの価値や認知度をどのように上げていくかを考えるのもマネージャーの役目です。
プロモーション戦略、営業、スケジュール管理、企画の確認や調整、現場への同行、出演料の交渉、伝票処理まで、ありとあらゆることを担当します。すべてのスキルが均等に求められる仕事ですね。
タレントあってのマネージャーですし、マネージャーあってのタレント。両者は両輪であり、どちらかが欠けても前に進めません。
マネージャーの
仕事の醍醐味は
どんなところにありますか?
タレントが表舞台に立っているときに達成感を感じますね。そこに至るまでに、タレントと向き合い、制作陣と向き合い、作品を時におもしろく、時に美しく調整していく過程が重要です。例えば、作品の枠組みは決まっているものの、そのままではタレントの魅力が活かされない、と感じることがあります。そんなときは、僕たちマネージャーが「もっとこうやってタレントを使えば、作品もタレントも活きるのではないか」という提案をさせていただくんです。そうやって、タレント、制作スタッフ、マネージャーが力を合わせて完成させた作品の中で、タレントの魅力が最大限発揮されて輝いている姿は感無量ですね。
CHAPTER 02
締切日申込のオーディションがきっかけに。
ともに走り抜けたブレイクまでの道のり。
会社に大きく貢献できたと
自認できる経験はありますか?
デビューして間もない小島瑠璃子を担当し、売れていく過程を経験できたことは強烈な経験でした。彼女がまだそこまで仕事がなかった頃、社内掲示板に貼ってあったある番組のオーディション情報が目に留まったんです。「彼女にフィットしそう」と確信を持ちました。ところが応募締め切りは当日。すぐに上司の許可を得てテレビ局に駆け込みました。応募は無事に完了し、本人がオーディションをがんばってくれた結果、見事合格。すると、番組を見て彼女の才能に気付いた別番組のプロデューサーから声がかかり、そのうち他局も注目してくれて。気付いたらスケジュールはびっしりでしたね。きっとあのときオーディションに応募しなかったとしても、彼女は花開いていたと思いますが、きっかけを作れたという点で、彼女にも会社にも貢献をできたかなと思います。とはいえ、決して僕一人で成し得たことではなく、入社2年目だった僕の意見を否定せずに背中を押してくれた上司や若手の挑戦を拒まない社風あってのことです。
タレントさんを売り込み、
新規開拓していく厳しさを
教えてください。
最近では、担当する女性タレントの魅力を活かせる場を作りたくて、女性ファッション誌への営業に注力しました。ありとあらゆるファッション誌を買ってきて研究を重ねて、アポを取って営業を重ねて……。結果、どうにか掲載していただけて最終的には特集を組んでいただけるまでに。新規開拓は困難も多いです。でも、成功したときはタレントだけでなく会社にも利益をもたらすので、僕自身の営業の達成感もひとしおです。 それに、タレントには意思や感情があるので、モノを売る仕事とは違う難しさがあります。タレントにプラスになると思って獲得した仕事が、本人の希望する方向性と異なることもありますし、作品に出演する際に演出サイドの表現したいことがこちらの望まない見せ方のことだってあります。各所を調整しながら全員が納得する形で着地させる交渉は、厳しくもあり、やりがいもありますね。
CHAPTER 03
新たなスターを育てて
ホリプロの看板を
ステップアップ。
まずは目の前のタレントの
ポテンシャルを
最大限引き出したい。
長期的な目標、
夢を教えてください。
新たなスターを育てたいという目標があります。ホリプロタレントスカウトキャラバンやメンズスターオーディションに関わらせていただいたこともあり、先輩方の熱い思いや選ばれた子たちが活躍している姿を見て僕もそうありたいと。
ただ、まずは目の前のタレントの魅力を最大限引き出して輝かせることが最優先です。それに大きなプロジェクトを動かすためには、社内外問わず様々な立場の方から力を借りないと成立しません。今の仕事に誠実に向き合い、成長しながら多方面での信頼関係を築いていく。そうして初めて未来が開けると思っています。マネージャーはタレントの大切な人生を背負うわけですから、発掘や育成なんて軽々しく言えないですね。
ホリプロの看板は今後、
どのように進化していくと
思いますか?
これまでの先輩方が築いてくださった、信頼と実績のある大きな看板です。その看板があるから、僕たちは挑戦できる。かといって驕っていては衰退すると思うんです。だからこそ、ホリプロの看板自体をステップアップさせたい。そのために新たなスターを発掘して育てること、それが僕たちマネージャーに与えられた使命だと思っています。